トヨタ、HV特許を無償開放=2万件超、市場拡大へ戦略転換

経済・ビジネス

トヨタ自動車は3日、ハイブリッド車(HV)の関連技術について、約2万3740件の特許を使用する権利を他社へ無償提供すると発表した。世界で燃費規制が強化される中、特許技術を競合他社に開放して活用を促す「オープン化戦略」に転換し、市場拡大を狙う。また、HVの需要増に伴うコスト低減を実現し、HVと主要部品が共通する電気自動車(EV)での巻き返しを目指す。

トヨタが特許を開放するのは、電動化に関わるモーターや電力変換装置といったHVの基幹技術。無償提供の期限は2030年末までとしている。

トヨタは、世界的にHVで市場をけん引してきたが、将来の需要増が見込まれるEVの商品化では出遅れていた。このため、従来囲い込んできたHVの特許技術を開放して市場を拡大させ、関連部品が重なるEVのコストを下げることで遅れの挽回を図る考えだ。

ハイブリッド車関連技術の特許無償提供について会見するトヨタ自動車の寺師茂樹副社長=3日午後、名古屋市中村区ハイブリッド車関連技術の特許無償提供について会見するトヨタ自動車の寺師茂樹副社長=3日午後、名古屋市中村区

トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・リサイクル 提携・合併・買収