ゴーン容疑者、取締役も辞任へ=統括会社の不適切支出確認-仏ルノー

経済・ビジネス

【パリ時事】フランス自動車大手ルノーは3日、前会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン容疑者が6月12日付で取締役を辞任すると発表した。ゴーン容疑者はルノーでの全役職を離れることになる。

取締役会は、ゴーン容疑者をめぐる不正疑惑に関する内部調査結果も公表。オランダにある日産自動車との統括会社で2010年以降に行われた不適切な支出が、数百万ユーロに上る可能性があると結論付けた。また、ゴーン容疑者の下で行われた支出の一部に「グループの倫理原則を侵害する疑わしい行為があった」と指摘したが、詳細は明らかにしなかった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 フランス オランダ