両陛下、パナマ大統領夫妻と会見=在位中最後-皇居

社会

天皇、皇后両陛下は4日午後、お住まいの皇居・御所で来日中のパナマのバレラ大統領夫妻と会見された。宮内庁によると、天皇陛下が在位中、外国首脳と会見するのは今回が最後。

同庁によると、会見は約30分行われ、大統領は「世界の平和と繁栄のために陛下が残された功績に対し、心から感謝します。私は6月に大統領職から退きますが、このことを直接お伝えしたく、今回訪日しました」と発言。これに対し陛下は、「平成の時代は戦争がなかったということが一番重要だと思います。それは日本国民が戦争の悲惨さを真剣に考え、対応してきたからだと思います」と応じた。

パナマのバレラ大統領夫妻との会見を終え、見送りをされる天皇、皇后両陛下=4日午後、皇居・御所(代表撮影)パナマのバレラ大統領夫妻との会見を終え、見送りをされる天皇、皇后両陛下=4日午後、皇居・御所(代表撮影)

パナマのバレラ大統領と会見される天皇陛下=4日午後、皇居・御所(代表撮影)パナマのバレラ大統領と会見される天皇陛下=4日午後、皇居・御所(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室