鉄鋼大手、65歳に定年延長=技術継承で、21年度一斉に

経済・ビジネス

日本製鉄(旧新日鉄住金)など鉄鋼大手4社は4日、社員の定年退職の年齢について、現行の60歳から65歳に引き上げると発表した。2021年度から導入。各社とも、ベテランから若手への円滑な技術の継承や、社員のモチベーション維持につなげたい考えだ。

一斉導入が決まったのは、鉄鋼大手の労働組合がまとまって経営側と交渉し、合意に達したため。65歳定年制を業界大手がそろって導入するのは珍しい。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生