二輪4社、電動バイクで連携=規格統一に向け協議体

経済・ビジネス

二輪車大手のホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、川崎重工業は4日、電動バイクのバッテリーや充電設備の規格統一に向け、協議体を設置したと発表した。まずはバッテリーなどの共通化を目指す。世界の二輪車販売の半分を占める4社で世界標準への主導権を確保したい考えだ。

世界的な環境規制の強化を受け、バイク業界でも排ガスを出さない電動化の流れが加速している。特にアジアでは、中国の新興企業などが相次いで電動バイクに参入し、異なる規格の乱立が懸念されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収