埋め立て承認撤回を取り消し=辺野古移設めぐり石井国交相

政治・外交

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐり、石井啓一国土交通相は5日の記者会見で、防衛省沖縄防衛局から請求のあった行政不服審査法に基づく審査の結果、沖縄県による埋め立て承認撤回の処分を取り消すことを決めたと発表した。身内による審査は不当だとして、沖縄で反発が強まりそうだ。

県は昨年8月末、辺野古沿岸部で見つかった軟弱地盤やサンゴなど環境保全対策の不備を問題視し、埋め立て承認を撤回。沖縄防衛局はこの処分の取り消しを求め、行政不服審査法に基づく審査を石井国交相に請求していた。

石井国交相は記者会見で、軟弱地盤について「安定性を確保して工事を行うことは可能だ」と指摘。「専門家の指導・助言を受けながら環境保全措置が行われている」とも説明し、「埋め立て承認撤回には理由がない」と語った。

発表を受け、岩屋毅防衛相は会見で「普天間飛行場の一日も早い全面返還を実現する」と述べ、辺野古沿岸部の埋め立てを急ぐ考えを示した。

記者会見で質問に応じる石井啓一国土交通相=5日午前、国交省記者会見で質問に応じる石井啓一国土交通相=5日午前、国交省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 沖縄