塚田国交副大臣が辞任=忖度発言、後任に自民・牧野氏-政権、選挙への影響懸念

政治・外交

道路建設事業をめぐり安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣(自民党麻生派)が5日、辞表を提出した。事実上の更迭とみられる。主要野党がそろって塚田氏の辞任を要求するなど、批判が拡大する中、続投させれば統一地方選や夏の参院選に悪影響が及びかねないと判断した。首相は後任に自民党竹下派の牧野京夫参院議員を起用する意向を固めた。

塚田氏は5日、国交省で記者団に対し「多大なご迷惑をお掛けした。改めて謝罪したい」と述べた。4日に麻生派会長の麻生氏と会い、「迷惑を掛けたので辞めたい」と伝えた。自民党内からも速やかな辞任を求める声が強まっていた。牧野氏は2度目の国交副大臣となる。

1日の新元号「令和」発表以降、首相には追い風が吹いているとみられていたが、統一地方選のさなかに手痛い打撃となりそうだ。

辞任を表明し、頭を下げる塚田一郎国土交通副大臣(右)=5日午前、東京・霞が関辞任を表明し、頭を下げる塚田一郎国土交通副大臣(右)=5日午前、東京・霞が関

牧野京夫参院議員牧野京夫参院議員

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣