塚田副大臣辞任、政権に打撃=「忖度」発言、安倍首相擁護から一転

政治・外交

自民党麻生派の塚田一郎国土交通副大臣(55)=参院新潟選挙区=は5日、辞表を提出、受理された。本州と九州を結ぶ道路の整備に関し、安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の意向を「忖度(そんたく)した」と発言した問題の責任を取った。新元号「令和」決定が追い風となっていた政権に打撃となる。

首相は前日まで続投させる考えを示していたが、統一地方選、衆院補欠選挙、夏の参院選への悪影響を懸念する自民党内で辞任論が強まり、かばいきれないと判断、事実上更迭した。首相は辞任を受け、記者団に「全閣僚、副大臣、政務官が気を引き締め、自らの襟をただし、国民の負託に全身全霊で応えていかなければならない」と述べた。

野党は首相の任命責任をただす方針。政府は5日の持ち回り閣議で、塚田氏の後任に国交副大臣経験者で自民党竹下派の牧野京夫参院議員(60)=静岡選挙区=を起用することを決定。皇居で認証式を行った。

塚田氏は5日、辞表提出後に国交省で記者団の取材に応じ「国会で説明責任を果たすべく努力してきたが、行政の信頼を損ね、国政の停滞を招く事態になっているので、私が責任を取るべきだと判断した」と述べ、陳謝した。議員辞職する考えはないと強調した。

辞任を表明した塚田一郎国土交通副大臣=5日午前、東京・霞が関辞任を表明した塚田一郎国土交通副大臣=5日午前、東京・霞が関

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 公共事業 新潟県 甲信越 東海 静岡県 九州 北九州市