JOC新会長に山下氏確実=竹田会長の後任、7月決定

スポーツ 社会

6月末に任期満了で退任する日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の後任として、柔道五輪金メダリストで全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏(61)の就任が確実な情勢となったことが、5日分かった。JOC会長の任期は2年で、来夏の東京五輪は山下体制で迎えることになる。

2020年東京五輪招致の贈賄疑惑でフランス司法当局の捜査対象となっている竹田会長は、3月の理事会で「若い世代に任せたい」との理由から退任を表明。後任候補にはJOC常務理事と選手強化本部長を務める山下氏の他、橋本聖子常務理事(54)らの名前も挙がっていたが、関係者によると、国際的な知名度などから山下氏に一本化された。

JOCは近く役員候補者選考委員会を開く。6月27日の評議員会で新理事を選出し、新会長は7月4日に新理事の互選により決まる。

任期が18年に及んだ竹田会長は贈賄疑惑を否定しているが、1月の質疑応答を拒んだ釈明会見や、役員の定年延長により続投を図ったことなどが問題視され、退任を決断した。東京五輪を前にJOCへの信頼も低下している。新会長人事では、1984年ロサンゼルス五輪柔道男子無差別級で金メダルを獲得し、国民栄誉賞を受けるなどクリーンなイメージを持つ山下氏への期待が大きい。自国開催の五輪に向け、スポーツの統括団体としてJOCをいかに再生できるかが、新会長の課題となる。

山下泰裕全日本柔道連盟会長山下泰裕全日本柔道連盟会長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 人事 柔道