日銀、3地域の景気判断下げ=海外経済減速で東北、北陸など

経済・ビジネス

日銀は8日、春の支店長会議を東京・日本橋の本店で開き、全国9地域の景気を分析した「地域経済報告」(さくらリポート)をまとめた。中国など海外経済の減速を受け、東北、北陸、九州・沖縄の3地域で景気の総括判断を引き下げた。

下方修正が3地域に及ぶのは、円高の影響が残っていた2013年1月(8地域)以来、6年3カ月ぶり。関東甲信越など5地域は据え置いた。地震の影響から回復した北海道は判断を引き上げた。

春の日銀支店長会議後に記者会見する山田泰弘・大阪支店長=8日午後、日銀本店春の日銀支店長会議後に記者会見する山田泰弘・大阪支店長=8日午後、日銀本店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 景気動向・マクロ経済