「全ての嫌疑は無実」=私物化疑惑、詳細は語らず-ゴーン容疑者動画

社会

「全ての嫌疑について無実だ」。日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(65)は、保釈中に収録した動画で改めて無罪を訴えた。昨年11月以降、繰り返された逮捕を「陰謀だ」と主張したが、日産を私物化したとされる疑惑の詳細については語らなかった。

動画のゴーン容疑者は、白ワイシャツに黒っぽいスーツ姿。白壁を背に、英語で「私の話をお聞きいただいているとすれば、4月11日の記者会見を開くことができなかったということ」と切り出した。

「陰謀や謀略、中傷だ」。日産経営陣が抱いた、仏自動車大手ルノーなどとの統合・合併で日産の独立性が脅かされることへの「自分勝手な恐れ」が事件の背景と分析し、「今回の汚いたくらみを実現させるべく仕掛けた多くの名前を挙げることができる」と断言した。

終始カメラ目線のゴーン容疑者は、「日本を愛し、日産を愛している」とも。日産の業績低下を「心配」とした上で、経営陣について、将来の展望を示していないなどと、重ねて批判した。

記者会見で公開された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の動画=9日午後、東京都千代田区記者会見で公開された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の動画=9日午後、東京都千代田区

9日に公開された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の動画映像9日に公開された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の動画映像

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪