不明F35、墜落と断定=海上で尾翼発見-直前に「訓練中止」・防衛省

社会

太平洋上で消息を絶った航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの捜索で、同機がレーダーから消えた現場海域の周辺で尾翼の一部が見つかり、防衛省は10日、墜落したと断定した。事故の直前、パイロットが訓練中止を宣言していたことも明らかにした。

同省は機体やパイロットの捜索を継続するとともに、事故調査委員会を設置し、一緒に訓練していた3機のパイロットから話を聴くなど詳しい状況を調べている。

防衛省によると、9日夜の捜索で左右それぞれの垂直尾翼の一部とみられる浮遊物を発見し、回収。10日に不明機のものと確認した。

墜落したF35Aは9日午後7時ごろ、戦闘機同士の戦闘訓練を行うため、4機編隊で三沢基地を離陸。同7時25分ごろ、搭乗していた編隊長の40代3等空佐が訓練中止を宣言した直後、同基地の東約135キロの太平洋上でレーダーから消え連絡が取れなくなった。3佐は飛行約3200時間のベテランで、機種の配置転換後、F35Aの飛行時間は約60時間だった。

F35Aはレーダーに映りにくいステルス性能を持つが、訓練中は機体から位置情報が発信され、飛行を把握できる仕組みになっている。

墜落した機体は三菱重工業が組み立てを担当した国内製造の初号機だった。2013年度に約140億円で取得し、18年5月に同基地へ配備された。

政府は老朽化したF15戦闘機をF35に置き換え、将来的に147機体制にする方針。欧米各国が配備を進めているが、過去にF35Aが墜落した例はなく、今後の調達計画に影響する恐れがある。

三沢基地には同型機13機が配備されており、防衛省は残る12機について、当面は飛行を見合わせることを決めている。他の空自機についても、10日は緊急発進などを除き飛行を見合わせる。

岩屋毅防衛相は10日、記者団に「引き続き救出に全力を尽くしたい。民間への被害は確認されていないが、地元に不安を与えてしまい深くおわび申し上げる」と話した。

太平洋上で消息を絶った最新鋭ステルス戦闘機F35A=2017年6月、愛知県豊山町太平洋上で消息を絶った最新鋭ステルス戦闘機F35A=2017年6月、愛知県豊山町

航空自衛隊F35A戦闘機の墜落について取材に応じる岩屋毅防衛相=10日午前、防衛省航空自衛隊F35A戦闘機の墜落について取材に応じる岩屋毅防衛相=10日午前、防衛省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 東北