折り畳めるパネル=シャープ、スマホ向け開発

経済・ビジネス 科学 技術

シャープは10日、折り畳みができるスマートフォン向けパネルの試作機を東京都内で報道陣に公開した。こうしたパネルは海外メーカーではあるが、日本勢では初めて。数年内の製品化を目指す。

試作機は、内側に二つ折りにできる。液晶よりも薄型化しやすいとされる有機EL(エレクトロルミネッセンス)を採用。パネルは外側に折り曲げることも可能で、自社や他社製のスマホなどへの供給を想定している。

折り畳み型のスマホは、韓国サムスン電子や中国の華為技術(ファーウェイ)が発売を表明。対応パネルの供給企業はまだ数社にとどまっている。

シャープが開発した折り畳みができるパネルの試作機(同社提供)シャープが開発した折り畳みができるパネルの試作機(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 開発 科学 技術 新技術 販売・価格改定・販促・見本市など