総人口、8年連続減=生産年齢の割合過去最低-総務省推計

政治・外交

総務省は12日、2018年10月1日現在の日本の推計人口を公表した。外国人を含む総人口は前年比26万3000人(0.21%)減の1億2644万3000人で、8年連続の減少。減少数と減少率は過去最大だった。15~64歳の生産年齢人口の割合は59.7%で、比較可能な1950年以降過去最低。働き手不足が一段と鮮明になった。

総人口のうち日本人は1億2421万8000人で43万人(0.35%)減。これに対し、外国人は222万5000人で16万7000人(8.1%)増えた。増加は6年連続で、外国人の割合が年々高まる傾向にある。

年齢別に見ると、生産年齢人口は51万2000人減の7545万1000人で、全人口に占める割合は59.7%。92年の69.8%をピークに減少を続け、50年と並び過去最低だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け)