JDI、中台企業傘下に=1170億円資本増強

経済・ビジネス

中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、中国の投資ファンドや台湾企業による「Suwa(スワ)コンソーシアム」から最大800億円を第三者割当増資などで調達し、計1170億円の資本増強を行うと発表した。国の旗振りで設立した「日の丸ディスプレー」は中台連合の傘下に入り、日本の政府系ファンドINCJ(旧産業革新機構)は追加支援をするものの、筆頭株主の座を降りる。

中台連合は中国のファンドや台湾のタッチパネルメーカー「TPKホールディングス」で構成しており、当初は議決権の49.8%を握り、最大65%強に拡大できる仕組みとした。JDIは液晶や有機EL(エレクトロルミネッセンス)開発・生産で協力する。資本増強は業績低迷に伴う運転資金の確保などが狙いで、各国当局の承認を得て年内に完了する予定だ。

資本増強について記者会見するジャパンディスプレイ(JDI)の月崎義幸社長(左)ら=12日午後、東京都港区資本増強について記者会見するジャパンディスプレイ(JDI)の月崎義幸社長(左)ら=12日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 中国 台湾