「合意なき離脱」なお懸念=安倍首相、英外相に働き掛け

政治・外交

安倍晋三首相は15日、英国のハント外相と首相官邸で会談した。英国の欧州連合(EU)離脱問題について、首相は「合意なき離脱」が当面回避されたことを「歓迎する」と表明、円満な離脱に向けた努力を継続するよう働き掛けた。

英国とEUが離脱期限を10月末まで延期することで合意したことに関し、首相は「メイ英首相の尽力に敬意を表したい」と強調。「日系企業や世界経済への悪影響が最小限となるよう期待している」と述べ、混乱収拾への取り組みを求めた。

ハント氏は「合意なき離脱は回避する決意だ」と語った。ただ、日本政府内では「合意なき離脱となる可能性は残されている」(菅義偉官房長官)として混乱拡大への警戒は消えてない。

ハント英外相(左)の表敬を受け、握手する安倍晋三首相=15日午前、首相官邸ハント英外相(左)の表敬を受け、握手する安倍晋三首相=15日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 大阪市