丸紅子会社で独禁法違反の疑い=アルテリア・ネットワークス、川上社長辞任

経済・ビジネス 政治・外交

丸紅は16日、東証1部に上場する子会社アルテリア・ネットワークスで独禁法違反の疑いがある行為が見つかったと発表した。アルテリアの川上潤社長は同日付で引責辞任し、後任には丸紅出身の非常勤取締役株本幸二氏が就いた。

アルテリアはマンション向けインターネットサービスなどを手掛ける。発表によると、同社とその子会社は、競合他社との間で相互に相手側の顧客に対し積極的な切り替え営業を行わないなどの取り決めを行っていた疑いがある。内部申告を受けた外部弁護士の調査で判明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 独占禁止政策