安倍首相が談話発表へ=強制不妊救済法の成立時

政治・外交 社会 暮らし

旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、政府が被害者に一時金320万円を支給する救済法案が成立した際、安倍晋三首相と根本匠厚生労働相がそれぞれ談話を発表する方向で調整していることが17日、分かった。いずれも被害者への「反省」と「おわび」を盛り込んだ法案前文と同様の趣旨になる見通し。政府関係者が明らかにした。

法案は11日の衆院本会議で全会一致で可決され、参院で月内にも成立する見通し。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 健康・医療 暮らし 裁判 東北 宮城県