ガチャガチャも小銭不要に=バンダイ、関東中心に展開

経済・ビジネス

玩具メーカー大手のバンダイ(東京)は18日、キャッシュレス決済に対応したカプセル入り玩具の販売機「スマートガシャポン」の本格運用を4月から始めたと発表した。JR東日本の「Suica(スイカ)」などの交通系電子マネーを読み取り機にかざして支払う仕組みで、今後は「QRコード」にも対応する計画。関東地方を中心に5月末までに50台を設置し、全国にも順次拡大する予定だ。

販売機は商品ケース5個と、電子マネーの読み取り機、操作用のタッチ画面を搭載。利用者は設置場所などの情報をインターネットで閲覧できるようになる。

バンダイが本格稼働を始めたキャッシュレス決済のカプセル玩具販売機「スマートガシャポン」(同社提供)バンダイが本格稼働を始めたキャッシュレス決済のカプセル玩具販売機「スマートガシャポン」(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本 東京都