スズキ本社に立ち入り=検査不正問題で-国交省

経済・ビジネス 政治・外交 社会

スズキによる乗用車ブレーキなどの検査不正問題で、国土交通省は19日午前、道路運送車両法に基づき同社本社(浜松市)へ立ち入り検査に入った。同社は12日に国交省へ不正の内容を報告しており、同省は事実関係を確認した上で、行政処分などを検討する。

スズキは不正問題を受け、18日に29車種計約202万台のリコール(回収・無償修理)を国交省に届け出た。1回の届け出台数としては国内で過去最多。同社はリコール費用として約800億円を見積もっている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 その他政策(社会面向け) 運輸・交通 日本 東海 静岡県