F35墜落、究明へ協力=岩屋防衛相が米長官代行と会談

政治・外交

【ワシントン時事】訪米中の岩屋毅防衛相は19日(日本時間20日未明)、シャナハン米国防長官代行と国防総省で会談した。両氏は、航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故の機体捜索と原因究明に向け、引き続き協力する方針で一致した。

岩屋氏は捜索救助活動への米軍の協力に謝意を表明。その上で、F35を追加調達する方針に国内の一部から懸念が出ていることに触れ、「しっかり原因究明に取り組んでいきたい。米側の協力を要請する」と語った。シャナハン氏は「しっかり協力する」と約束した。

岩屋氏は会談後、記者団に対し、米側から墜落現場の青森県沖に海中捜索船を派遣するとの申し出を受けていることを明らかにした。F35の調達方針を変更しないことも強調した。

シャナハン米国防長官代行(右列手前)と会談する岩屋毅防衛相(左列手前)=19日、ワシントン(AFP時事)シャナハン米国防長官代行(右列手前)と会談する岩屋毅防衛相(左列手前)=19日、ワシントン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 米国