衆院2補選、自民完敗=大阪12区維新、沖縄3区は野党系-安倍政権、参院選へ痛手

政治・外交

夏の参院選の試金石となる衆院大阪12区、沖縄3区の両補欠選挙は21日、投開票された。4人が争う混戦となった大阪12区は日本維新の会新人の藤田文武氏(38)、与野党一騎打ちとなった沖縄3区は主要野党が支援する無所属新人の屋良朝博氏(56)が、それぞれ初当選した。自民党は両選挙区で公認候補が敗れ、安倍政権には痛手となった。与野党は今後、参院選に向けた対応を本格化させる。

安倍晋三首相が昨秋の自民党総裁選で連続3選して以降、最初の国政選挙。塚田一郎前国土交通副大臣、桜田義孝前五輪担当相の相次ぐ辞任で逆風が吹く中、首相の政権運営への評価が問われた。全敗の結果を受け、安倍政権は態勢立て直しを急ぐが、これまでの「安倍1強」の政治状況に揺らぎが生じる可能性もある。

自民党の二階俊博幹事長は21日夜、党本部で「結果を謙虚に受け止めて敗因の分析を急ぎ、今後に備えたい」と記者団に語った。

立憲民主党など主要野党は反転攻勢へ共闘の成果が試された。沖縄では一定の成果を上げる一方、大阪では足並みがそろわず、参院選に向けて課題が残った。維新は先の大阪府知事・市長のダブル選に続き、本拠地で地力を示し、「大阪都構想」に弾みがつきそうだ。

立憲の長妻昭選対委員長は21日夜、党本部で記者団に「自民党失速と感じている。(参院選で)野党共闘を強力に進めたい」と強調。維新の馬場伸幸幹事長は大阪府寝屋川市で、参院選について「大阪を中心に関西、そして全国に(支持を)広げていく」と語った。

大阪12区補選は自民党の北川知克氏の死去に伴う。藤田氏は大阪ダブル選での維新勝利を追い風に支持を拡大。北川氏のおいで「弔い選挙」を掲げた自民党新人の北川晋平氏(32)=公明推薦=、選挙区での返り咲きを狙った元総務相で無所属元職の樽床伸二氏(59)、無所属元職の宮本岳志氏(59)=共産、自由推薦=は及ばなかった。

沖縄3区補選は玉城デニー氏の県知事転出に伴う。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が最大の争点となり、移設阻止を掲げる「オール沖縄」勢力が推す屋良氏が、元沖縄担当相で自民党新人の島尻安伊子氏(54)=公明推薦=を下した。

投票率は、大阪12区が前回比0.5ポイント減の47.00%、沖縄3区が同10.06ポイント減の43.99%。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 沖縄