通年採用拡大を提言=就職活動、多様化へ-経団連・大学

経済・ビジネス

経団連は22日、今後の採用活動の在り方を大学関係者と議論する協議会の会合を開き、新卒学生の通年採用の拡大を盛り込んだ共同提言をまとめた。拡大の時期は未定だが、春の一括採用中心に行われている就職活動は大きく変わることになりそうだ。

提言は、政府の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)に報告する。

通年採用は、採用の時期を限定せず、企業のニーズに応じて新戦力を雇う仕組み。企業は必要なタイミングで人材を採用しやすくなり、学生や留学帰りの人にとっては就職活動の柔軟性が増す。

採用活動の在り方を議論する協議会であいさつする就職問題懇談会座長の山口宏樹・埼玉大学長(右列手前から3人目)。左列手前から4人目は経団連の中西宏明会長=22日午前、東京都千代田区の経団連会館採用活動の在り方を議論する協議会であいさつする就職問題懇談会座長の山口宏樹・埼玉大学長(右列手前から3人目)。左列手前から4人目は経団連の中西宏明会長=22日午前、東京都千代田区の経団連会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経済団体 日本