安倍首相、参院選へ引き締め=衆院2補選敗北は「残念」

政治・外交

21日投開票された衆院大阪12区、沖縄3区両補選で自民党公認候補が敗れたことに関し、安倍晋三首相は22日午前、「残念な結果になった」と語った。その上で「一人ひとりが選挙結果を胸に刻み、いま一度、身を引き締めなければならない。地域の声を政策に生かすという原点に立ち返り、参院選の必勝を期したい」と述べ、態勢立て直しを急ぐ考えを示した。

首相官邸で記者団に語った。首相は「敗因を分析し、参院選、本番に生かしたい」とも強調。沖縄補選の争点となった米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に関しては、「一日も早い(普天間)全面返還を目指す」と述べた。

政府・与党協議会に臨む自民党の二階俊博幹事長(中央)ら=22日正午、国会内政府・与党協議会に臨む自民党の二階俊博幹事長(中央)ら=22日正午、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 選挙 政党 日本 沖縄