仲邑菫初段、プロデビュー戦は黒星=10歳の最年少囲碁棋士

社会 文化

今月、史上最年少でプロ入りした囲碁棋士の仲邑菫初段(10)が22日、大阪市で行われた第29期竜星戦の予選に臨み、同期の大森らん初段(16)に敗れた。

10歳1カ月での公式戦デビューは藤沢里菜女流3冠(20)=女流本因坊、女流立葵杯、女流名人=が持つ最年少記録(11歳8カ月)を大幅に更新したが、初戦を飾れなかった。

対局後、仲邑初段は「緊張してあまりうまく打てなかった。悔しいです。後半がうまくいかなかった」と冷静に反省点を話した。

プロデビュー戦で敗れ、対局を振り返る最年少囲碁棋士の仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区プロデビュー戦で敗れ、対局を振り返る最年少囲碁棋士の仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区

大森らん初段(手前右)に敗れ、対局を振り返る最年少囲碁棋士の仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区大森らん初段(手前右)に敗れ、対局を振り返る最年少囲碁棋士の仲邑菫初段=22日午後、大阪市北区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 文化 日本