AI時代へ就活多様化提言=通年採用、留学生ら拡大-成長戦略に反映目指す-産学協

経済・ビジネス

経団連と大学側は22日、就職活動などの在り方を話し合う「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」を開き、通年採用の拡大を求める共同提言をまとめた。留学生、留学経験者ら多様な人材の採用を増やす。経団連が提唱する、人工知能(AI)など先端技術を使いこなす社会「ソサエティー 5.0」の実現には、新卒一括採用に偏った採用形態を見直す必要があると判断した。

通年採用拡大の時期は決まっていない。政府の未来投資会議(議長・安倍晋三首相)に報告し、今夏にまとめる成長戦略への反映を目指す。産学協議会には経団連の中西宏明会長や就職問題懇談会の山口宏樹座長(埼玉大学長)らが出席した。

一括採用を維持しつつ通年採用を拡大すると、学生らが戸惑う恐れもある。このため同協議会はタスクフォース(特別作業班)を設置し、円滑な移行に向けた行動計画をまとめる。

「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」であいさつする経団連の中西宏明会長(手前)=22日午前、東京都千代田区の経団連会館「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」であいさつする経団連の中西宏明会長(手前)=22日午前、東京都千代田区の経団連会館

「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」であいさつする就職問題懇談会座長の山口宏樹・埼玉大学長(手前)=22日午前、東京都千代田区の経団連会館「採用と大学教育の未来に関する産学協議会」であいさつする就職問題懇談会座長の山口宏樹・埼玉大学長(手前)=22日午前、東京都千代田区の経団連会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経済団体 日本