加盟店との利益配分見直し=「対応不十分だった」-ミニストップ

経済・ビジネス

イオン傘下のコンビニエンスストア大手ミニストップは23日、加盟店との収益分配の見直しを検討すると発表した。詳細については今後詰める。

同社は「加盟店との関係や雇用問題など、社会環境の変化への対応は十分ではなく真摯(しんし)に反省している」と指摘。その上で「加盟店と本部の利益配分の在り方を含めたフランチャイズビジネスそのものの変革を進める」と強調した。

コンビニ各社は経済産業省から人手不足対策や加盟店支援策を含む「行動計画」の策定を求められ、25日にも公表予定。ミニストップはこれに先立ち対応策の考え方を打ち出した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本