年金開始、70歳超も選択可=5年ぶり見直しへ提言案-財政審

政治・外交 暮らし

財政制度等審議会(財務相の諮問機関)は23日の分科会で、社会保障制度改革に関する提言案をまとめた。高齢の雇用者が増加傾向にあることを踏まえ、現在は70歳までとされる公的年金の受給開始年齢について、受給者の希望に応じて引き上げることを可能にすべきだと指摘した。

厚生労働省は今夏をめどに、5年に1度の年金財政検証の結果を公表。これを受けて、年金制度の見直しに関する作業が本格化する。財政審は近くまとめる建議(意見書)に提言内容を盛り込み、政府内の議論に反映させたい考えだ。

現在、公的年金の受給開始年齢は60歳から70歳の間で自由に選べる。提言案が示した試算によれば、受給開始年齢を65歳から60歳に前倒しすると年金月額は30%減少。反対に70歳に遅らせれば42%増える。提言案はこれを踏まえ「将来の年金給付水準を向上させる選択肢を設けることは重要だ」と強調した。

財政制度等審議会の分科会に出席する委員ら=23日午前、東京・霞が関財政制度等審議会の分科会に出席する委員ら=23日午前、東京・霞が関

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 (経済)年金・医療・社会保障政策 暮らし 日本