三菱UFJ、損失1000億円=ニコスのシステム開発中止へ

経済・ビジネス 科学 技術

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下のクレジットカード子会社、三菱UFJニコスが、次期システムの開発を中止することが23日、分かった。普及が予想されるキャッシュレス決済の技術高度化などに対応できないと判断した。MUFGは、「過払い金返還」に備えた引当金と合わせ、2019年3月期連結決算で1000億円規模の損失を計上する見通しだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 開発 科学 技術 日本