天井高く広々、ハワイ気分=来月投入の超大型機-ANA

社会 経済・ビジネス

全日本空輸(ANA)は23日、成田-ハワイ・ホノルル線に来月24日投入する世界最大の旅客機「A380」の機内を、成田空港で報道陣に公開した。総2階建て520席で、天井が高く広々とした機内にハワイの青空や夕焼け、なぎさなどを描いた。機体には現地で神聖な生き物とされるウミガメの親子をデザインし、出発前から「ハワイ気分」を高めてくれる。

搭乗客用モニターの初期画面には、首飾りに使われるハワイの代表的な花プルメリアやビーチが映し出される。機内照明も時間帯により深い青色や夕焼けのオレンジ色などに切り替え、リゾート地の雰囲気を演出する。

A380は欧州航空機大手エアバス製で、ANAが日本の航空会社として初めて導入。機内の広さを利用し、授乳や着替えも可能な多目的ルームを設置したほか、追加料金を払えばエコノミークラスの横並びの3、4席をベッドのように使える「カウチシート」も設けた。

全日本空輸(ANA)が報道陣に公開したエアバス製旅客機「A380」の外観=23日午前、成田空港全日本空輸(ANA)が報道陣に公開したエアバス製旅客機「A380」の外観=23日午前、成田空港

全日本空輸(ANA)が報道陣に公開したエアバス製旅客機「A380」の機内=23日午後、成田空港全日本空輸(ANA)が報道陣に公開したエアバス製旅客機「A380」の機内=23日午後、成田空港

全日本空輸(ANA)が報道陣に公開したエアバス製旅客機「A380」の機内。横並びの3、4席をベッドのように使える「カウチシート」も設けた=23日午後、成田空港全日本空輸(ANA)が報道陣に公開したエアバス製旅客機「A380」の機内。横並びの3、4席をベッドのように使える「カウチシート」も設けた=23日午後、成田空港

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報・通信 新サービス 日本