大卒求人倍率、8年ぶり低下=中小が中途採用に力

経済・ビジネス

リクルートワークス研究所が24日発表した来年3月卒業予定の大学生・大学院生の求人倍率は、前年比0.05ポイント低下の1.83倍だった。依然として高水準にあるものの、流通や建設業を中心に、中小企業が採用難から新卒の求人を縮小し、中途採用を拡大したため8年ぶりのマイナスとなった。

企業規模別では従業員300人未満が8.62倍(前年は9.91倍)、300~999人が1.22倍(1.43倍)に低下した。300人未満では中途採用を増やす企業の比率が年々高まっているという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・失業 日本