パジェロ、国内販売に幕=「RVブーム」けん引-三菱自

経済・ビジネス

三菱自動車は24日、スポーツ用多目的車(SUV)「パジェロ」の国内販売を終了すると発表した。8月に生産を終え、在庫がなくなり次第、国内販売を打ち切る。パジェロは1982年に発売され、90年代の「RV(レジャー用車)ブーム」をけん引したが、近年は販売が低迷していた。

パジェロは四輪駆動(4WD)で悪路の走行に強く、世界一過酷な自動車レースとされる「ダカールラリー」などで活躍した。現在は4代目で、国内の累計販売台数は64万台超。ピーク時の92年度に約8万4000台を売り、平成を代表する本格的な4WD車となったが、2018年度の販売は621台とピークの100分の1以下にとどまっていた。

三菱自動車がデザインを一部改良したスポーツ用多目的車(SUV)「パジェロ」(三菱自動車提供)三菱自動車がデザインを一部改良したスポーツ用多目的車(SUV)「パジェロ」(三菱自動車提供)

三菱自動車がSUV「パジェロ」の国内生産終了に合わせて発売する特別仕様車「FINAL EDITION」=24日午後、東京都港区三菱自動車がSUV「パジェロ」の国内生産終了に合わせて発売する特別仕様車「FINAL EDITION」=24日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本