食品輸出拡大へ省庁連携=規制に迅速対応-初の閣僚会議

政治・外交

政府は25日、農林水産物・食品の輸出拡大に向け、農林水産相や厚生労働相など関係閣僚らによる初の会議を開いた。諸外国が求める安全証明や輸入規制に素早く対応するため、省庁間の連携を強化する。議長の菅義偉官房長官は「可能な限り多くの国に品物が輸出できるよう環境整備を早急に行う」と述べた。

会議では、欧米向けに牛肉を輸出する場合、処理施設が厚労省から衛生管理の認証を受けている必要があるのに、認証が進んでいないといった課題が挙げられた。また、東京電力福島第1原発事故などを理由に輸入を規制している国には、省庁一体で交渉に当たるべきだとした。

今後、課題解決に向けた工程表を作り、今夏にまとめる経済財政運営の基本指針「骨太の方針」に対策を盛り込む。

農林水産物の輸出拡大に向け、輸入国規制への対応に関する関係閣僚会議の初会合で発言する菅義偉官房長官(右から2人目)。右端は根本匠厚生労働相。右から3人目は吉川貴盛農林水産相=25日午前、首相官邸農林水産物の輸出拡大に向け、輸入国規制への対応に関する関係閣僚会議の初会合で発言する菅義偉官房長官(右から2人目)。右端は根本匠厚生労働相。右から3人目は吉川貴盛農林水産相=25日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 通商政策 日本