野村、巨額減損で10年ぶり赤字=大和、日興も大幅減益-19年3月期

経済・ビジネス

野村ホールディングス(HD)が25日発表した2019年3月期連結決算は、純損益が1004億円の赤字(前期は2193億円の黒字)だった。通期の最終赤字はリーマン・ショックのあった09年3月期以来、10年ぶり。海外事業での810億円超の減損損失に加え、構造改革費用の計上が響いた。

昨年末の株価急落に伴い、投資家が積極的な売買を手控えた影響などで、大和証券グループ本社とSMBC日興証券の大手2社も、それぞれ4割以上の減益となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本