特定技能第1号誕生へ=カンボジア女性実習生2人-入管庁

政治・外交

出入国在留管理庁は26日、国内で技能実習生として働いている20歳代のカンボジア人女性2人について、新たな在留資格「特定技能」への資格変更を許可すると発表した。同日に通知を郵送。今後、新しい在留カードの交付を受ければ、特定技能で在留する初の外国人が誕生する見通しだ。

業種は農業(耕種農業)。女性2人は大阪府内に本社を置く企業で働いている。新資格取得後は和歌山県御坊市などで仕事に就く。通常は技能と日本語の能力試験に合格することが特定技能の取得要件だが、約3年間の技能実習を終えれば試験が免除されるため、女性2人は資格の移行を申請した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法務行政 日本