天皇陛下、宮中三殿で最後の報告=平成きょうで幕、夕方退位礼

社会

天皇陛下は30日午前、皇居・宮中三殿で、退位礼正殿の儀の実施を告げる「退位礼当日賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」などの儀式に臨まれた。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方のほか、宮内庁や皇宮警察の職員ら約50人が参列した。

天皇、皇后両陛下は午後5時から宮殿「松の間」で、3月12日から行われた計11の退位儀式の締めくくりとなる退位礼正殿の儀に臨む。30年3カ月余り続いた平成は幕を閉じる。5月1日午前0時に皇太子さまが即位し、令和の時代が始まる。

天皇陛下は30日午前10時すぎ、天皇専用の装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」を身に着け、皇祖神とされる天照大神を祭る賢所に姿を見せた。厳かな表情でゆっくりと回廊を歩き、一礼して賢所の内陣へ入り、この日に退位礼正殿の儀を行うという趣旨の「御告文(おつげぶみ)」を読み上げた。

続いて、歴代天皇や皇族の霊を祭る皇霊殿、国中の神々を祭る神殿でも同様の所作を行った。

皇后さまは持病の「頸椎(けいつい)症性神経根症」のため、侍医の判断によりお住まいの御所で静かに待機した。皇太子妃雅子さまも負担を考慮し、欠席した。

「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれる天皇陛下=30日午前10時3分、皇居・賢所「退位礼当日賢所大前の儀」に臨まれる天皇陛下=30日午前10時3分、皇居・賢所

「退位礼当日賢所大前の儀」を終えられた天皇陛下=30日午前10時11分、皇居・賢所「退位礼当日賢所大前の儀」を終えられた天皇陛下=30日午前10時11分、皇居・賢所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 日本