国連総長、来年の広島訪問に意欲=県知事と会談

社会

【ニューヨーク時事】来年開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の第3回準備委員会に参加するため、訪米した広島県の湯崎英彦知事は29日、ニューヨークの国連本部でグテレス国連事務総長と会談し、被爆地の広島訪問を呼び掛けた。記者団の取材に応じた知事によると、グテレス氏は今年は日程調整が難しいとの見通しを示した上で、来年の訪問に意欲を見せた。

グテレス氏は昨年8月に事務総長として初めて長崎の平和祈念式典に出席。会談で同氏は、昨年広島を訪問できず「申し訳なかった」と語った。さらに、過去の広島訪問が核廃絶への思いに「非常に大きなインパクト」を与えたことを明らかにしたという。知事は「前向きに受け止めている」と歓迎した。

29日、ニューヨークの国連本部で握手する湯崎英彦広島県知事(左)とグテレス国連事務総長29日、ニューヨークの国連本部で握手する湯崎英彦広島県知事(左)とグテレス国連事務総長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 日本 米国