文大統領、天皇陛下に謝意=関係改善に期待-韓国

社会

【ソウル時事】韓国外務省報道官は30日、文在寅大統領が天皇陛下に送った書簡で「在位期間中、平和の大切さを守っていくことの重要性を強調し、韓日関係発展に大きく寄与したことに謝意を表明した」と明らかにした。さらに、「退位後も、両国関係の発展のために力を注いでいただけるよう期待する」と記したという。

また、李洛淵首相もフェイスブックなどに投稿し、「韓日関係を重視された明仁天皇に感謝いたします」と述べた。「即位される徳仁天皇は昨年3月、ブラジリアで行われた(国際会議)世界水フォーラムでお会いし、かなり深い言葉を交わしてくださり、感謝いたします」とも語った。

その上で、「令和時代、韓日両国が未来を共に準備する新たな友好協力関係を構築することを望みます」と表明した。韓国最高裁が元徴用工らの訴訟で日本企業に賠償を命じる判決を下した問題などで日韓関係が悪化する中、令和時代を契機に関係改善を図りたいという意欲を示した形だ。

皇位継承について報じる韓国紙=30日、ソウル皇位継承について報じる韓国紙=30日、ソウル

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 日本 韓国