広島の高校生、核廃絶署名届ける=「被爆者の思い未来に」と中満次長-国連

政治・外交

【ニューヨーク時事】核兵器廃絶に向けた署名活動を行っている広島県内の高校の生徒8人が30日、米ニューヨークの国連本部で中満泉軍縮担当上級代表(事務次長)と懇談し、昨年4月からの1年間に集まった12万9筆の署名の目録を提出した。中満氏は「被爆者の思いを皆さんの未来につなげて」と語り、被爆者の活動を次世代が続けていくよう訴えた。

署名には、生徒が街頭で集めたものや、全国の中学・高校から送られてきたものが含まれる。懇談には、広島市の松井一実、長崎市の田上富久両市長も出席した。

女子生徒の一人は懇談で、被爆者が高齢化し、「生の声を聞ける時間が少なくなってきている。署名活動のほかに何ができるか考えていきたい」と語った。中満氏は「皆さん自身が、世界をどのように安全にしていくかを考えてほしい」と呼び掛けた。

30日、ニューヨークの国連本部で広島の高校生と懇談する中満泉国連事務次長(右手前)(代表撮影)30日、ニューヨークの国連本部で広島の高校生と懇談する中満泉国連事務次長(右手前)(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 中国 広島市 九州 長崎市