安倍首相、改憲20年施行の目標維持=立憲民主の枝野代表「立憲主義が危機」

政治・外交

安倍晋三首相は3日、改憲派の民間団体が東京都内で開いた集会に自民党総裁としてビデオメッセージを寄せ、自ら掲げた2020年の改正憲法施行の目標について、「今もその気持ちに変わりはない」と改めて言明した。一方、立憲民主党の枝野幸男代表は護憲派の集会で、「今、日本の立憲主義は大変な危機にある」と訴えた。

首相は「令和元年という新時代のスタートラインに立ち、国の未来像について真正面から議論を行うべき時だ」と強調。国会の活発な議論を促すとともに、国民に対し「自らの問題として議論し、理解を深めてほしい」と呼び掛けた。

9条への自衛隊明記に関しては、「私は先頭に立って責任を果たしていく」と重ねて表明。教育分野の改憲にも意欲を示した。ただし、自民党改憲案の国会への提示時期には言及しなかった。

集会後、自民党の下村博文憲法改正推進本部長は記者団に「総裁の発言を重く受け止め、実現へ努力する」と語った。

また、新憲法制定議員同盟会長を務める中曽根康弘元首相のコメントが紹介され、「敗戦後、国民参加の熟議のないまま短期間で憲法をつくり、人権に偏るあまり法治上の不備不足を抱える形で戦後政治が出発した」として、改憲の必要性を訴えた。

一方、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党首は東京・有明で開かれた護憲派の集会に出席。立憲の枝野氏はあいさつで「さまざまな違いを乗り越えて『権力を憲法によって拘束する』というまっとうな社会をつくるため、安倍政権を倒す先頭に立つ」と述べた。

改憲派の集会で披露された安倍晋三首相のビデオメッセージ=3日午後、東京都千代田区改憲派の集会で披露された安倍晋三首相のビデオメッセージ=3日午後、東京都千代田区

護憲派の集会で壇上からアピールする立憲民主党の枝野幸男代表(右端)ら=3日午後、東京都江東区護憲派の集会で壇上からアピールする立憲民主党の枝野幸男代表(右端)ら=3日午後、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本