民間ロケット、打ち上げ成功=国内の民間単独で初-3度目挑戦、宇宙到達・北海道

科学 社会 技術

北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は4日、小型観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機を同町の発射場から打ち上げた。同社によると、宇宙空間とされる高度100キロに到達し、打ち上げは成功した。国内の民間企業が単独開発したロケットが宇宙に届いたのは初めて。

同社の創業者で実業家の堀江貴文さんは、「完璧な成功。安定して飛ばせるようにして、早いサイクルで量産できるようにする」と話した。

モモ3号機は全長10メートル、直径50センチ、重さ1150キロでエタノールを使用する液体燃料ロケット。

4日は午前5時に打ち上げを試みたが、発射10秒前に異常を検知し、緊急停止。原因を特定した上で、打ち上げ可能と判断した。

同社によると、3号機は午前5時45分に打ち上げられ、計画通り燃料を約2分間燃焼。高度約113キロに到達した後、北海道沖の太平洋に着水した。

当初は4月30日の打ち上げを予定していたが、機体に不具合が見つかり延期。5月2、3日も強風で見送っていた。

ロケット打ち上げの成功を町民らに報告するインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と創業者の堀江貴文さん=4日午前、北海道大樹町ロケット打ち上げの成功を町民らに報告するインターステラテクノロジズの稲川貴大社長(左)と創業者の堀江貴文さん=4日午前、北海道大樹町

北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が打ち上げた小型観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機(インターステラテクノロジズ提供)北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が打ち上げた小型観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機(インターステラテクノロジズ提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学 宇宙 技術 日本 北海道