トヨタ社長に名誉博士号=母校の米バブソン大が授与へ

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】トヨタ自動車の豊田章男社長(63)が、母校の米バブソン大(マサチューセッツ州)から名誉法学博士号を授与されることが6日、分かった。18日に開かれる同大の卒業式で講演するのに合わせて名誉学位が与えられる。6月に社長就任から丸10年を迎える豊田社長にとって節目を祝うイベントとなりそうだ。

豊田社長は1979年に慶大法学部を卒業後、バブソン大経営大学院に留学し、82年に経営学修士(MBA)を取得。米投資銀行での勤務を経て、84年にトヨタに入社した。

豊田章男 トヨタ自動車社長豊田章男 トヨタ自動車社長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本