日朝会談、無条件で模索=拉致置き去り懸念、方針転換-安倍首相

政治・外交

安倍晋三首相が北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け、前提条件を付けずに日朝首脳会談を模索すると表明した。拉致問題の進展を条件とする従来方針を転換した形だ。6カ国協議の枠組みで、日本だけが北朝鮮と首脳会談を行っておらず、拉致問題が置き去りになりかねないとの焦りもありそうだ。

首相は6日夜、トランプ米大統領と電話で会談し、「私自身が金正恩朝鮮労働党委員長と条件を付けずに向き合わなければならない」と伝達。この後、首相公邸で記者団に「あらゆるチャンスを逃さないとの決意で問題の解決に当たっていく」と強調した。

河野太郎外相は7日の記者会見で、首相発言について「(交渉の)入り口に拉致問題を置かないということだ。出口は当然、核・ミサイル・拉致問題の包括的解決だ」と解説した。

首相官邸に入る安倍晋三首相=7日午前、東京・永田町首相官邸に入る安倍晋三首相=7日午前、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 北朝鮮