トヨタ、売上高30兆円=日本企業初、世界販売が好調-19年3月期

経済・ビジネス

トヨタ自動車が8日発表した2019年3月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前期比2.9%増の30兆2256億円、純利益は24.5%減の1兆8828億円と増収減益だった。世界販売の拡大を背景に、日本企業として初めて売上高が30兆円台に乗った。

20年3月期は売上高がほぼ横ばいの30兆円、純利益は19.5%増の2兆2500億円と、堅調に推移する見込みだ。ただ米中貿易摩擦の激化により、トヨタが力を入れる中国市場への打撃が懸念されるほか、日米新貿易交渉の内容次第では日本からの輸出に影響が出る可能性もある。

19年3月期は中国や欧州市場の自動車販売が好調で、世界販売台数はダイハツ工業や日野自動車を含むグループ全体で1060万台と過去最高を更新。本業のもうけを示す営業利益は2.8%増の2兆4675億円と増益を確保した。小林耕士副社長は8日の記者会見で「シェアが伸び、売り上げはまずまずだった」と評価した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本