セブン&アイ、プラ製レジ袋廃止へ=30年まで、紙袋検討

経済・ビジネス

セブン&アイ・ホールディングスは8日、プラスチック製レジ袋を2030年までに廃止することを柱とする環境対策の目標を発表した。紙袋などの採用を検討しており、コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のほか、スーパーや百貨店、専門店でも実施する。流通大手でプラスチック製レジ袋の廃止を打ち出すのは異例。

セブン&アイは、4月末から横浜市内の一部のセブン-イレブン店舗で試験的に紙製のレジ袋を導入している。今後実験を進め、最適な素材を検討していく。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・リサイクル 日本 神奈川県 横浜市