ソフトバンク、ヤフー子会社化=20年3月期、過去最高更新へ

経済・ビジネス

ソフトバンクは8日、親会社ソフトバンクグループ傘下のヤフーを連結子会社化すると発表した。これに伴い、2020年3月期の連結業績は売上高と営業利益が過去最高を更新する見通し。携帯料金プランの見直しは引き続き検討する。

ソフトバンクは6月、ヤフーが実施する4565億円の第三者割当増資を引き受け、出資比率(議決権ベース)を現在の約12%から約45%に引き上げる。宮内謙社長は子会社化の狙いについて、ヤフーが手掛ける非通信事業との相乗効果による「競争力の最大化」と説明した。

ヤフー子会社化を発表したソフトバンクの宮内謙社長(左)とヤフーの川辺健太郎社長=8日、東京都港区ヤフー子会社化を発表したソフトバンクの宮内謙社長(左)とヤフーの川辺健太郎社長=8日、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 企業構造改革 日本