北朝鮮、拉致問題「解決済み」=国連の人権問題討議で主張

政治・外交 社会

【ベルリン時事】国連人権理事会は9日、ジュネーブの国連欧州本部で北朝鮮の人権問題を討議する作業部会を開いた。日本政府代表が北朝鮮に拉致問題の解決を求めたのに対し、北朝鮮側は「問題は解決済み」と従来の立場を繰り返した。

日本政府代表は「拉致被害者の速やかな帰還を求める」と強調。一方で「北朝鮮の正しい未来のため、力を合わせよう」とも呼び掛けた。北朝鮮側は「2002年の日朝平壌宣言で、根本的かつ完全に、拉致問題は解決された。すべての生存者は、家族とともに日本に帰国した」と反論した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際機構 社会一般 日本 北朝鮮