対北朝鮮、ミサイル・拉致で緊密連携=菅官房長官が米国務長官らと会談

政治・外交

【ワシントン時事】菅義偉官房長官は9日午後(日本時間10日午前)、ワシントンの米国務省でポンペオ国務長官、国防総省でシャナハン国防長官代行とそれぞれ会談した。北朝鮮が短距離ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を発射したことを受け、日米で緊密に連携して分析、対応することで一致し、日本人拉致問題の早期解決に向けた協力も確認した。

菅氏は会談後、北朝鮮対応をめぐり「国連安全保障理事会(の制裁)決議の完全な履行で一致した」と記者団に強調した。

ポンペオ氏との会談では、安倍晋三首相が前提条件を設けずに日朝首脳会談を模索すると表明したことに関し、首脳会談を通じて拉致問題解決を目指す首相の決意を伝えた。完全で検証可能な非核化の実現に向け、引き続き韓国や中国、ロシアなど国際社会と連携していくことも確認した。

米国防総省でシャナハン国防長官代行(右)との会談に臨む菅義偉官房長官=9日、ワシントン(AFP時事)米国防総省でシャナハン国防長官代行(右)との会談に臨む菅義偉官房長官=9日、ワシントン(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 北朝鮮 米国