レオパレス社長が引責辞任=施工不良による業績悪化で

経済・ビジネス 社会

賃貸アパート大手のレオパレス21は10日、深山英世社長(61)が30日付で辞任し、後任に宮尾文也常務(59)が昇格する人事を発表した。同社では、建築基準法違反の疑いがある施工不良物件が相次いで発覚。10日発表した2019年3月期連結決算で、補修費用の計上などで純損益が686億円の大幅赤字に陥り、経営責任を取る。

大規模な施工不良問題は、創業家一族の深山社長が引責辞任する事態となった。同氏は10日、東京都内で会見し、「企業価値を損ね大幅な赤字を招いた」と謝罪。一方で「取締役としてやれることはやっていく」と話し、社長退任後に引き続き経営に関与していく考えも示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 人事 日本