モスフード、11年ぶり赤字=食中毒が影響-19年3月期

経済・ビジネス

モスフードサービスが10日発表した2019年3月期連結決算は、純損益が9億700万円の赤字(前期は23億8500万円の黒字)となった。通期での赤字は11年ぶり。ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の複数店舗で18年8月に食中毒が発生。本部が納入した食材が原因とみられ、フランチャイズ加盟店に対する営業補償金11億円強を計上したことが響いた。

食中毒に伴う顧客離れも発生、売上高は前期比7.2%減の662億円となった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本